自転車日記

自転車シューズを買いに

新美南吉の名作童話「手袋を買いに」を思い起こさせる記事名ですが(ぷっ)、4年ほど使用したスぺ社の白いSPDシューズがくたびれてきて、それと、踏み込むと右のシューズからキュッキュキュッキュと異音がします。ソールなどをチェックしましたが、これといって異常はありません。私のぺダリングが変なんでしょうか?右ひざをトップチューブにこするようにぺダリングすれば異音は無くなるんですが…。う~ん、「もう買い替えなはれ」ということなんでしょうか。ちなみにアウトソールは減るたびに「靴修理キット」で補修してますよ。えらいでしょ。
 
私の場合、お仕事も含めて移動は基本的に自転車(ロードorMTB)で、SPDシューズで行って、そのままお仕事してます。そのシューズでサイクリングにも行っちまいますから、シューズの消耗は大きいと思います。他にもシマノの白いSPDシューズはありますが、完調なシューズが一足ではちょっと心もとない。というわけで「シューズゲット作戦開始!」

条件としては
●基本的にSPDシューズに限る。もう普通のシューズにフラペとかでは乗れない体になっちゃったので
●オフィスでも浮かないデザイン
●カラーは、黒やグレイはダメ(好みの問題)
●カーボンソールは、とっさにペダルをキャッチしようとしたときズリっと滑るからダメ
●価格は1万5千円まで(予算の関係)
●以上の条件に合致していても、なんとなく気が進まなければ買わない

いやはや、そんなシューズがあるんでしょうか。とりあえず、サイクルショップが多い御徒町に行きました。数軒回りましたが、在庫やサイズの点で買えませんでした。あっ、そこで「もうネットで買うからいいや」と思っちゃダメですよ!ほんとにシューズ選びは微妙なんですから。わたしには、サイズの数字だけで選び、足を入れないで買う博打はぜったいできません(貧乏なのでw)。

こんどはMTBで池袋に移動です。ここでわたしにはある目論見があるのです。それは「困ったときにはミスター・チャーリー(ショップ名)に行け!」です。このお店では、過去何度も探し物を見つけていますから。もしここのお店になければ、他の系列店に問い合わせて探してもらえるという、なんともサイクリストの立場に立ったお店なのです。

そしてそして、見事希望のシューズをゲット!なにしろここんちは、シューズの在庫は、キッスのライヴにおけるマーシャルアンプのように、壁一面ありますから。「行きつけのショップですべて揃えたい」というかたがいらっしゃると思いますが、残念なことにシューズだけは現物合わせが基本ですから、在庫の多いショップで買ったほうがいいです。シューズだけはね!こういうときは辺境とはいえ、東京に住んでてよかったなと思います。

というわけでゲットしたのが↓のシューズです。これなら地味過ぎず派手すぎずオフィスでも浮かないし、ジーンズにも合うし(ジーンズ嫌いだから絶対穿かないけどw)、さわやかなカラーで自転車に乗るのが楽しくなりますね!予算的にも大満足で、目出度し、目出度しです!

007

[追伸]スぺ社のシューズは捨てませんヨ。もう少しいじってみて、異音の原因を探ってみます。履きなれたシューズはそう簡単に捨てられるものじゃありませんからネ!かの「スペインの太陽王」ミゲール・インドゥラインも、かなり履きこんだSIDIを愛用してたそうですからネ!(比較対象がw)

 

下町たんけん

001
↑お風呂屋さんの煙突。つたがからまってます。
003
↑すばらしい画力です。
004
↑気持ちのいい道です。
007
↑いまどき木の電柱!と思ったら「なんちゃって木の電柱」でした。

009
↑高圧線の下は植物がよく育つ、んだっけ?(R・F・セリーヌ「なしくずしの死」より)
010
↑葛飾区四つ木にて
011
↑なんとも味のある看板です。こんなお店で自転車を修理しながら絵を描く余生もいいな。
012
↑そこの角から小学生の自分が出てきそうです。
013
017
↑今日は暑かったもんね。
026
↑かつしかハープ橋の近くに気持ちのいい道がありました。
031
↑おかしの家?
032
↑生地をこねるお姉さんはコテコテの日本人ですね。
033
↑もと精密機械の工場みたいです。
034
かつてはスバルR‐2やレオ―ネがひしめき合っていたのでしょう。
037
↑ねえねえどこいくの?
042
↑花というのはよく見るとなんともエロチックです。
046
↑こういうセマセマでクネクネな道がどうにもこうにも好きです。
047
↑横わけの髪とちょび髭が威厳を感じさせます。
048
↑直球なコピー。
049
↑韻を踏んだのですねw。ていうか、この数軒先にも小鳥屋さんがありますが。
050
↑豪華な車止め。日が暮れてきたので今日はこのへんで!まて次回!

マウンテンバイク のうさぎ2号発進!

017
何やらいにしえの人形活劇「サンダーバード」のような記事名ですが、某オークションでクロモリのMTBフレームを手に入れ、自分で組みました。

MTBはとても好きで、シュウィンのアルミMTB、GTのWサス、ジェイミスのクロモリハードテールなどに乗っていました。
ツーリング・通勤・取材など活躍してくれたジェイミスをあまりにぞんざいな扱いでダメにしてしまってから数年、MTBがない生活を送っていましたが、定期的にオークションサイトやショップの情報を見て、手ごろな価格のクロモリフレームを探していました。なぜクロモリか?これは私にとっては大きな問題で、クロモリ(スチール)には他の素材にない利点があるからです。興味があるかたは検索してみてくださいな。
ちなみに↑の写真のバックは、たびたび記事に登場する「荒川シングルトラック」の近くの「荒川レンゲロード」です。あっ、検索しても出てきません。私が勝手にそう呼んでいるだけですから(おいおい)
 続きを読む

パンクしにくいタイヤはどれだ

011
続きを読む

飛び出し注意

003
続きを読む
ギャラリー
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF
  • 1999 TDF