地球に落ちてきたのうさぎマリオ

萩原水音です。このブログはなるべくPCまたはタブレットでご覧ください。

自転車日記

コルちゃん(コルナゴ・テクノス)の思い出

コルナゴ
(ホノルル カピオラニ・ビーチパークにて)

突然ですが、宇都宮ブリッツェンの鈴木譲選手をリスペクトしています。
鋭い走り・クールな頭脳・ハードな戦況をものともしないタフさなど、ゆーくんは(友達かよ!)ロード選手の鑑といっても過言ではないでしょう。加えて、ロードレーサーを自分でレストアする自転車マニアの側面もお持ちです。
そんな譲選手のブログに、自身でレストアしたコルナゴC50の写真がアップされていました。譲選手が組み上げたコルナゴ、さすがというしかない仕上がりでした。

そして、その写真を見たとき、もう一台のコルナゴが脳裏に浮かびました。ショップで一目ぼれして手に入れたのに、わずか3年で手放してしまった、私のアートデコールカラーのコルナゴが。



20世紀も終わろうとしていたある日、私は期せずして9時5時生活に別れを告げました。口座には、1年分の収入ほどの退職金が振り込まれました。「さて、これからどうする?」そのときまず思いついたのは「ツール観戦」でした。「こんな時じゃなくちゃ行けないもんね」飛行機に乗るのは気が進みませんでしたが、思い切って観戦ツアーに申し込みました。

生まれて初めての海外旅行、しかも目的は「あこがれのツールをこの目で見ること」です。行く前から心拍も上がろうというものです。そして…そこに立っているのが「夢じゃないよね?」と自分でほっぺをつねってしまいたくなるほどの見るのも聞くのも初めてな世界。今思うと「やっぱり夢だったのかな?」とも思えるほどの非日常の一週間でした。

帰ってきて、さっそく仕事探し…ではありません。「急ぐことはない、しばらくは充電期間にするさ」
季節は夏。起きたい時間に起き、眠りたくなったら眠り、気が向けば自転車に乗る、まさに「アリとキリギリス」のキリギリスのような日々を過ごしました。そしてある時自転車雑誌「サイクルスポーツ」をぱらぱらとめくっていてふと目に入ったのが、当時の編集部員の「松」さんによる楽しそうな「ホノルルセンチュリーライド」のレポート。

「これだ!」フランスに行ったとき、ピレネーを愛車で上ってくるたくさんのサイクリストを目にして「海外で走ってみたいなぁ(前述の彼らにすれば国内ですが)」という思いが強まっていた私は、ツール観戦の興奮もまだ残っているというのに、さっそく申し込みました。申込期間中だったのもまさにグッドタイミング。これはツール観戦とは違う意味で心拍が上がりますね。なんたってこの脚・自分の自転車で海外のセンチュリーライド(160km=100マイルのコースを規定時間内に走る、いわば自転車版のマラソン。でしょうか)を走ろうってんですから。

さあもうウキウキと準備しました。そうすれば自転車も新調したくなりますね。シクロバイクや安物ロード(いちおうイタ車ですが)は持ってましたが、この際ですからとびっきりのを買っちゃおう!と、50万円のTREKをポ~ンと現金払いで…
ということはなく、上限15万円でフレームを探し始めました。パーツは1台分くらい持ってましたからね。いくらなんでも、そんな金の使い方をしていたら退職金なんてあっという間に無くなっちゃうことぐらい、私にもわかりますからね。え?コルナゴをどうしたって?はいはい、今出しますからね、すみませんね(笑)。

そして、夏の日差しの中、新宿の「ファクトリーウォーター」で衝撃的な出会いをしたのがアートデコールカラーのコルナゴ・テクノス。「オオッ!コレは…(絶句)」ブルーとホワイトの美しいグラデーションに、もちろんトップチューブにはライダーの絵がペイントされています。しかもクロモリですよ奥さん。一見して、ロキシーミュージックのファーストアルバムを聴いたときぐらい背中がゾクゾクっとしました。

そりゃもう買いますよ。なんたってあの「栄光のコルナゴ」ですからね。しかもサイズぴったりのが、私を待っていたかのようにソコにあるんですから。自転車の神様ありがとう!!ヘッドパーツは組み込まれていたので、ショップさんにはBBのフェイスカットだけ依頼し、その日は帰宅しました。

「ああっ!コルちゃんに早く会いたいっ!」身悶えせんばかりの数日を過ごし、そしてやっと私のもとに来たコルちゃんのフレーム(笑)。「フッフッフ…さあ、お前をどう料理してやろうか」舌なめずりする私の前でふるえるコルちゃん(おいおい)…なわけは無く、普通のパーツで普通に組みました。奇をてらったアッセンブルなどしたら、コルナゴの名手、ジュゼッペ・サロンニやヨハン・ムセーウに怒られちゃいますからね(おいおい)。ちょうどカンパニョーロの下位グレードのコンポが手元にあったので、期せずしてオール・イタリアンなバイクができました。やっぱイタリアンロードはカンパですよね(自転車オタクかよ!)

そして完成したコルちゃんで挑んだ「ホノルルセンチュリーライド」。いやぁ、もう、なんと言ったらよいのでしょう。喜びに体が震えるほどの体験でした。当時(ってなん百年前?w)は今ほどコマーシャリズムがはびこっておらず、いかにもハワイのローカルなサイクリングイベントという風情で、ハワイの自然を満喫しつつ走りも満喫し、「幸せで困っちゃうナ(山本リンダふうにw)」って感じでした。あまりの幸福な体験に、帰ってきてしばらくは日本の生活がつまらなく思えたほどです(おいおい)。


そして、それからはどこに行くにもコルナゴです。え?見せびらかしたいわけじゃありませんよ。軽量にして高剛性、それでいてしなやかなコルちゃんに乗るのがと~っても楽しいんです。あまりに楽しいんで、荒川の見回りはもちろん、つくばの8耐・乗鞍ヒルクライム・そして翌年のホノルルセンチュリーライドにも出ちゃいました。あのころはよくイベントに出たなぁ。そしてその合間に、練馬区の某サイクルショップでアルバイトしたりして。私、ちょっとはバイクをいじれるんですよ。ちょっとはね( ̄ー ̄)ニヤリ

…さあて、そんなふうに遊んでばかりいたキリギリスですが、預金の残高は刻一刻と減少の一途をたどっていったのでした(当たり前ですね)。「まずいぞ、これは。そろそろ動き出さないと(笑)」。

そんなキリギリスは起死回生の一発、そして自分を育ててくれた荒川への恩返しのつもりで、コルちゃん
に乗って、絵と写真、そして文章で構成した「荒川マップ」を作りました。反響は意外にも早く、某大手出版社から出るマウンテンバイクのツーリングガイドのイラストマップを担当することになりました。イラストマップを描き、コース取材もしたりしながら「日本のゲイリー・フィッシャー」小林さんや、編集担当の才媛・田中さんと本をだんだん形にしていく作業は非常に楽しく、「ずっとこんな仕事ができたらいいな」と思えるほどでした。

しかし、あまりに楽しく、コルちゃんの「もうすこし現実を見たほうがいいんじゃない?君の才能なんて、自分が思ってるほどたいしたもんじゃないよ」というつぶやきにも耳を貸さず(自転車の声が聞こえるのかよ!)、いい気になっていた私でした。

さて本が出来たと同時に、自己アッピールのポストカードも作り、各方面に送って宣伝もする私でしたが、そうそう世間は甘くありません。どんどん目減りする残高(馬鹿ですね~)に、「もはや夢はついえた(早すぎるんじゃね?)」と、北千住の居酒屋のバイトをすることに。そんな、急にイラストの仕事がどんどこくるわけがないでしょうに。しかし、能天気なキリギリスにそう簡単に居酒屋の仕事ができるかというと、これがなんともかんとも。とうとう苦労を共にした(笑)コルちゃんを売って生活費に充てるという、最期の手段に出てしまいました。さようならコルちゃん、可愛がってもらうんだよ…。


「もうだめだ~(笑)」と泣きが入った私でしたが、あまりのアホさに自転車の神様が垂らしてくださった一本の「蜘蛛の糸」によって、なんとか生きながらえている私が現在ここにいるわけです(笑)。

紆余曲折のあとフリーとなり、節約はしていますが飢え死にせず、なんとかサイクリングも楽しめている現在の私ですが、その素地はあのコルちゃんが作ってくれたのは確かです。それと同時に、短い間でしたが苦楽を共にしたコルちゃんを生活費に替えてしまったことへの自責の念はいまでもあります。

みなさんもこんなアホの真似はくれぐれもしないように、そして大事なバイクはちょっとやそっとのことで手放さないように。たとえ事故ったとしても、ぐちゃぐちゃにならないかぎり修理はできるものです。とくにスチールフレームはね! そういう意味では、荒サイ吉見でぶつけられ、廃車にしてしまった「キヨ・ミヤザワ」にも、もう少しなんとかできたんじゃないかという自責の念が沸沸と湧いてきます。コルちゃん、キヨちゃん、ごめんね(おいおい)


「お気に入りのバイクはもはや単なる道具ではない。それはあなたのかけがえのない相棒なのだ」

だれの名言かって?はい、私です(爆)


<追記>
文中の「蜘蛛の糸」ですが、お名前があります。「サイスポ元編集長・宮内さん」という。
その節は大変お世話になりました!

ホイール、逝く

2004年頃に神田のサイクルショップ「マイロード」で組んだ愛用のホイールが昨日、天寿を全うしました(使いすぎだろ!)。…荒サイを十年以上走り回ったり、大手町でインド人エンジニアの大型バイクに当てられても平気だった丈夫なホイールでしたが、リムブレーキの宿命である「サイドの摩耗」からは逃れられず、最期はリムが割れて飛び出したチューブが「バァン!」とパンクするという壮絶なエンディングでした。合掌。
↓ホイールがまだ新しいころの1枚
榎本 2004
2004年頃の榎本牧場ですが、ここに写っている「キヨ・ミヤザワ」のフレームも荒サイの吉見で軽トラに当てられて廃車となり、今は「思い出の1台」となりました。気に入ってたので、今だったら自分でひん曲げて直したと思いますが(素人が修正すると危ないよ!)。
↓壮絶な最期の写真(閲覧注意w)
P1020240
いやぁ、リムのサイドが見事に割れちゃってますね。こりゃタイヤも外れますわな。最近、「このリム、サイドがかなり薄くなってるな、もう寿命だな」とは気づいていたのですがね。

この日、目的地到着寸前にブレーキをかけたところ、フロントホイールに違和感を感じたので見てみると、ブレーキシューの圧力に負けてリムが陥没しています。「あ、ついに来たか」と思いましたが、予定があるので帰路に対策することにしました。帰路、「乗れるかな?」とリムをよく見ると、陥没しているものの割れてはいないようなので、フロントブレーキには頼らないようにしてそろりそろりと走行して、あいているショップを探すことにしました。

が、通行量の少ない、緩い坂を安全のため歩くような速度で下り始めたところ、前述のようについにリムが割れてしまったのでした。モノを大事にするのはいいですが、これはあきらかに使いすぎですね。良い子はこうなる前に、リムが摩耗していると感じたらショップに持って行って、リムを交換したほうがいいか訊いてくださいね。もしも高速ダウンヒル中にこうなったら、へたをすると死にますからね(冗談でなく)

お気に入りのホイールがおしゃかになってヘコんでいると思われましたか? いいえ、もう寿命ですから。とくにリムブレーキの場合、使えば使うほどリムがシューによって摩耗しますから、どうしようもないです。まだスペアのホイールがあるので、それを使っていますが、正直、日常使いの自転車は、もうディスクブレーキにしたいですね。

けど、それにはフレームから変えなくてはならないし、節約生活をしている貧乏人には当面、無理っぽです。まぁ今の自転車はとりあえず気に入ってるし、まだ使えるうちはとことん使わざるを得ないし、生きているうちにディスクブレーキ仕様の自転車に乗り換えられるかどうかは…微妙ですなぁ(おいおい)


※スペアホイールを持ってアイスクリームを食べながら歩いていて(おいおい)歩道の段差で転んでしまい、シャフトがひん曲がって往生していたときに助けていただいた白山の「CharinkoHouse」さん、ありがとうございました!次回大物を購入するとき(あるかわからないけどw)はまた利用させていただきます!

追記:ホイール交換時、ブレーキシューも交換したのですが、シューも経時変化でだいぶ硬化してました。この硬化したシューがリムの摩耗を早めたみたいです。反省。
やっぱり、シューも早め早めに交換したほうがいいみたいですね。スモールパーツをけちって大物パーツがダメージを受けたんじゃ、本末転倒ですもんね(←貧乏人が陥りやすいパターンや!アフォ!)

自転車乗りの必需品

P1020238
どうも、使ったことのないベルがあると、とりあえず買ってみる私ですw。千円もしないしね。
ベルって、本気走りのシトには(谷岡ヤスジふうに)ただ「法令で決められているからつけている」だけのものかもしれませんが、普通の自転車乗りが一般道を走行するときに必要不可欠ですよね(もちろん、装着していないと法令違反です)。前方にゆっくり走っていて、しかもどっちに行くかわからないママチャリおばちゃんがいるとき・道いっぱいに人が広がっているとき・信号のない十字路にさしかかったとき・犬のリードをびょろ~んと長く伸ばして散歩させている人(と犬)を追い越すときなどなど、ベルをやさしく鳴らしたあと、手を上げるなり「すみません」と声をかけるなりすれば、鳴らされたほうも敵意は抱かないはず。

私は今まで、一般車用ベルの取り付け部をちょっと加工して、キャットアイのリフレクタ-用ブラケットを介して自転車(ロード・クロス・MTB)に装着していました。一般車用ベルを使う理由は、この音が周知されていて、だれでも自転車が接近しているとわかるからです。これは使いやすかったのですが、このブラケット(千円もしません)の手持ちがなくなったし、こんなスモールパーツをショップで注文するのも気が引けるのでw、このところ、ほかのを試していました。うん十万円もするホイールを導入しても(もちろん私は買えませんが)、レースには勝てるかもしれませんがそれ自体は一般道を走行するさいの安全性にはあまり関係ないですから、ベルをいろいろ試してみるのは、そんなに高いものじゃありませんし、貧乏人のお金の使い方としては賢明ですよね、ねっw。

「ベルごときにな~にをちょこざいな…」と思われる向きもあるでしょうが、ベルの音だって、気に入らないのを使うのはいやですよね。ほら私ってロックマニアじゃないですか(知らんがな)、音にはうるさいんですよ(知らんちゅうの)。軽量なレース用ホイールでも、フリーのラチェット音が気に入らなければ誰しもあまり使いたくないでしょうし(勝てれば音なんか気にしないんじゃね?)、チェーンのオイル分がなくなってキュルキュル音を立てるのを聞きながらのライドは、まともな自転車乗り(ぷ)には耐えがたい苦痛なはず。気に入らない音で、しかも操作性が悪いベルなんかだったら、すぐさまほっぽり投げて口で「ちりんちりん」とベルの音真似をするほうを選ぶサイクリストも多いはず(おいおい)。

ま、そんなわけでして、いろいろ買ってはみてますが、ロードやMTBでも支障なく取り付けられて音がよく、操作性もよいベルというのは意外とあまりないんですな。スポーツサイクル用のベルで、ベル本体をヒットする部品(これ、なんていうんですかね?)をはじく力の強さによって鳴ったり鳴らなかったりするのがあります。控えめに鳴らそうとするとまったく鳴らなかったりするわけですが、これはストレスが溜まるし、確実性の点でも劣るのでダメですね。

そんなわけで今日購入したのが上の画像のベル。ベル本体はシックなチタンカラー(チタン製じゃありませんよw)で、パッケージの「音色がやさしくミニベロにマッチするサイズ」のコピーがなんともサイクリストフレンドリーじゃあーりませんか。そしてレバーは一般車用のベルと同じタイプで、グイっと押せば小気味よい音を発してくれます。取り付けも、クランプ径26ミリのドロップバーのバートップやフラットバーならピッタシカンカン! 製造元は自転車ベル界の老舗「東京ベル」ですよお客さん!これはズバリ、買いでしょう!

…「ベル一個でルンルン気分になれるなんて、貧乏人は安上がりやな(←陰の声w)」

富士山移動計画?

P1010943
今日は平日ですが、暇なので自転車で徘徊してくるかな?的な。
まずは荒サイ(通称)・鹿浜橋そばの「どんぐり公園」へ。あっ、正式名称じゃありませんから、ググっても出ませんw。農業公園というか、サイクリストには「みはらし茶屋」で名の知れたあそこの近くです。いつも人っ子一人いません。ぬこすらいませんw。
ですが、どうでしょう、この見事なイチョウの木は。

P1010947
公園には落ち葉が敷き詰められ、自転車を降りて歩けばカサコソと心地よい音が楽しめます。

P1010963
どんぐり公園には標高1.5メートルほどの山があります。ここがその山岳ポイントですw。

P1010974
さて、どんぐり公園を出たら、ちょっと「さまよいごっこ」をしてみたいと思います。これは、自転車冒険家の石田ゆうすけさんが子供のころやっていた自転車の遊びで、たとえば「交差点があったら必ず左に曲がる」などの簡単なルールだけ決めて、どんなところに出るかを楽しむという高尚な遊びです(いい大人が平日の真昼間にやるかねw)。
私もそれに則って荒川左岸を北上し、適当なところでわきに入り適当に進みます。どぶ川のちょっと大きいのに沿って進むと、JRの線路に突き当たりましたよ。ふむ。

P1010976
ふと横を見ると、弘法大師さんがいるではないですか。弘法大師さんが導いてくださったのでしょうか(なんでもいいほうにとるんやな)。

P1010977
これはまたレトロモダーンな橋ですね。

P1010979
外環道の下に出ましたね。それはいいんですが、ちょっと目を離したすきに自転車が落ち葉に埋もれるところでしたw。

P1010984
落ち葉の海から命からがら脱出し(笑)、今度は路地に突入です。こういうセマセマなところを見ると入っていきたくなるのは、胎内回帰願望なのでしょうか(おいおい)。

P1010986
ふむ、こんなところがあるのね。行けそうなので行ってみましょうか。

P1010994
路地裏を歩くぬこのようにそろりそろりと進みます。水路には逆さイチョウが映っています。

P1010995
と思ったらやっぱりいましたね。ぬこさんが。自転車海苔が好きな(というか私が好きな)道はぬこさんも好き、という自説を証明した形となりました( ̄ー ̄)ニヤリ。
画面には写っていませんが、左側にもう一匹ぬこさんがいて、ここに写っているぬこさんと微妙な距離を保っています。

P1010997
こいつがその「もう一匹」のぬこさんです。こいつ、ひとつ上の写真の水路(幅1.5メートルほど)を
軽々とジャンプして越えました。人がいてもまったく気にも留めないし、人間でいえば15歳くらいのオスかな?とすると上のふっくらしたぬこさんは意中の人(ぬこ)?

P1010999
ふむ。蕨の旧中山道でしょうか?

P1020001
ありましたよ、私の好物が。こうした朽ちゆくものに惹かれてしまうのはなに願望なんでしょうかw。

P1020005
だいぶ陽が傾いてきました。そろそろ「さまよいごっこ」はお開きにしますかね。

P1020006
帰路の荒サイ、なにか不穏な気配を感じ、ふと西の空を見ると…。
富士山を移動してどうしようってんでしょうか(おいおい)。





都内写真ポタ

P1010771

P1010770

P1010773

P1010776

P1010778

P1010780

P1010782

P1010785

P1010786

P1010793

P1010790

P1010796

P1010794
本日の収穫物  1956年の映画雑誌。

↑ツイッターはここから入ってにょ!
ギャラリー
  • いいゆめをみたいなら
  • コルちゃん(コルナゴ・テクノス)の思い出
  • 15年ごしのカフェライド
  • 15年ごしのカフェライド
  • 15年ごしのカフェライド
  • 15年ごしのカフェライド
  • 15年ごしのカフェライド
  • 15年ごしのカフェライド
  • 15年ごしのカフェライド