荒川探訪

荒川たんけん

何時間もお外にいても寒くなくなってきたので、でぶっちょMTBルイカツくんに26×2.00のセミスリックタイヤ「ミシュラン・スプリント」を履かせ、荒川たんけんにでかけました。
P1010465
左岸の鹿浜橋~江北橋間にあった「最後の荒川フジツボベルト」がようやく舗装されました。ぶっちゃけ、単に家のそばなわけですが。以前は23Cとかのタイヤだと、けっこうハンドルをとられてヒヤヒヤもんだったのですが、これで気を使わないですみます。あっ、でもローディのみなさん、ここでスプリントの練習とかしないでくださいね。そういう目的で舗装されたんじゃありませんから。ちなみに左の道はご存知(笑)「荒川シングルトラック」です。

P1010468
どうです、みごとな舗装っぷリでしょう(笑)。月の夜ここを通ると、路面が月光と首都高を走るクルマのライトに照らされて、なかなかムーディですよ(笑)。

P1010441
江北橋を渡ってすぐ左に曲がったところのダブルトラックも舗装していただきました(笑)。ここ、帰り道にロードバイクで通ったら、轍にハンドルをとられて落車したんですよね。別に要望を出したわけではないのに、わたしの声なき声が届いたのでしょうか(笑)。

P1010442
「海まで何km」の標柱にウサギさんが乗っかっています。これは戸田橋のほうのと同じですね。しかし、ウサギは土手に巣穴を掘るので害獣とされていますが、河川管理者にとっては整合性に問題なしですかね(笑)。ちなみにこのオブジェ、巨大に見えますが、カメラアングルのせいで、実際は子ウサギくらいの大きさですよ(そりゃそうだ)。

P1010444

やぁ、もう空はすっかり春色ですね。もうお彼岸ですものね。

P1010451
川口のここの鉄橋のそば、私の覚えているかぎり、前世紀からずっと工事していますよ。サグラダファミリアかっちゅう~の(と胸を二の腕で寄せて、谷間を強調してみせる)。

P1010450
水際にあるチョコレートケーキみたいなのは、波で岸が削られるのを防ぐ自然素材の(植物を束ねたもののようです)ブロックですね。野生の鵜らしき鳥がとまって休んで(もしくはエサを探して)います。

P1010454
ずんずんと川っぺリを進みます。

P1010447
あっ!川猫さんがこっちを見ていますよ。なんかドキドキするなぁ(おいおい)。

P1010455
あっ!トラネコさんもこっちに近づいてきます!「ごちそうでも持ってきてくれたの?」

P1010456
ミケさんも熱い視線を送ってきます。いやぁ、照れるなぁ(加山雄三さん口調で)

P1010446
荒川の春の風物詩「イヌノフグリ」です(もうちょっとましな名前にできなかったのかなぁ(笑))

P1010457
干潟です。

P1010460
鳥さんたちも、気持ち良さそうにさえずっています。

P1010461
荒川ストラーデ・ビアンケ(またかよ)

P1010463
なにか河川敷に土を盛ってますが、何を始めたんでしょうか。

P1010472
今日は3/19ですが、荒川シングルトラックの桜のつぼみはまだ硬いようです。

P1010471
開花したら、このブログでご紹介しますね。ま、それまで生きていればですが(おいおい)
というか、みなさん荒川にお越しのさいは、ぜひ左岸の鹿浜橋~西新井橋間の土手の由緒ある桜をまったりと楽しんでくださいまし!























 

コッピY形さんを偲んで荒川を遡る

P1010376
今日は先日なくなったコッピY形さんを偲んで荒川を遡りました。日中は暖かく、素手でもぜんぜん平気でしたよ。

P1010374

P1010380
この辺の草は真冬だというのに青々としていて、しかもつやつやです。なにかアンチエイジングの秘薬がとれるかもしれませんね(おいおい)。

P1010379
一昨年7月の「猛暑の自転車徘徊」でも会った榎本牧場の茶トラさん、今日は北風の当たらないショベルカーのショベルの中に枯れ草のおふとんを敷いてうつらうつらしていました。「お元気ですか~?」と声をかけてみましたが、よほど気持ちがいいのか、口元をむにゃむにゃと動かすだけでした。

P1010389

P1010392
帰り道、富士山に金斗雲のような雲が…!Y形さん、もしかしてあれに乗ってこっちにきたの?!

Yさんは星の世界にいったよ

このブログの最初の記事にも書ゐた「荒川のオアシス」ヤジマさん時代の自転車の御友だち、Yさんがなくなりました。

私は此処7~8年お会ひしてゐませんでしたが、同じくヤジマさん時代の自転車の御友だちの「日本橋のシヤチヨーさん」がYさんの訃報を伝えてくれました。

Yさんとゐへば、ビアンキにまたがり風のやうに疾走する姿と、かのイタリアの偉大なるカンピオニツシモを彷彿させる風貌から、私はひそかに「コツピYさん」と呼んでゐました。

Yさんはかなりの自転車好きで、ロードレヱサアだけでなく、ビアンキの珠玉のシテイサイクルや英国王室御用達の自転車(?)などにもシツクな出で立ちでさつそうと乗り、私などには到底真似のできなひ円熟のサイクリングスタイルを持つていらつしやゐました。

Yさんの病気は今年になつてから発覚し、御自身も長くないことを自覚されてゐたやうです。Yさんはどんな気持ちだつたのかを想像すると心が痛く成ります。

一つ心残りがあるのですが、それは、以前私の懐が寂しかつたころ(今も相変わらず寂しゐですがw)、大宮の高級寿司店でごちそうになり、ゐつかそのお礼をしたひと思いつつ、つひにかなわなかつたことです。

歳をとると、若ゐころのやうに「ゐつか」と思つていると、その「ゐつか」がもう存在しなゐことが現実としてままあることを痛感しました。そろそろ私も「現実の後片付け」をしなければならなひ時期になつたやうです。

Yさん、そちらにはどの自転車を持つて行つたんですか?私は今のビアンキをなるべく大事に乗り、そのときが来たらこゐつを持つて行きたひと思ゐます。少々重たゐですが、頼りに成るやつなんです。ではまた、星の世界でサヰクリングしませう。そのときまでさやうなら。

荒川の紅葉を楽しむのだ、の巻(小沢昭一さん風に)

P1010318
定点観測地点の「荒川シングルトラック」です。この間の記事「11月」ではまだ緑緑していたのですが、ちょっと目を離した隙に紅葉していました。11月7日は立冬でしたからね。植物は几帳面ですね(微笑)。
P1010320
いいですね~!こういうところを葉っぱをカサコソいわせて通り過ぎるとき、幸せを感じます。あ、美暗記くんのタイヤはまたタイオガのシティスリッカーⅡになっていますね。このタイヤ、38Cもありますから乗り心地はいいんですが、荒れた路面でハンドルに伝わってくるショックは、30Cのチャレンジ・アルマンゾのほうが少ないですね。やっぱり高いタイヤのほうがしなやかなようですね(というか構造からして違いますからね)。ちなみに、両方のタイヤとも空気圧は5barで使っています(体重は重めですw)。
P1010323
ここは荒川の支流なのでしょうか?
P1010326
荒川をちょっと離れ、新河岸川の志木市役所近くです。ここは以前は未舗装路でしたが(拙作「自転車で走る荒川(2001・11)」参照)、きれいに舗装されています。べつに舗装する必要はなかったんじゃないですかね。
P1010328
鴨さんたちが浅瀬で集っています。それにしても、もうだいぶ寒くなってきたのに、脚やお腹が冷たくないんですかね?私には無理ですね(爆)。

11月

P1010248
P1010254
P1010264
P1010265
P1010267
P1010269
P1010270
P1010273
P1010276
ギャラリー
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる