地球に落ちてきたのうさぎマリオ

萩原水音です。このブログはなるべくPCまたはタブレットでご覧ください。

荒川探訪

15年ごしのカフェライド

P1020256
梅雨を飛び越えて、夏のような日差しです。今日は東松山方面に向かいます。このところビアンキ君のタイヤは700×38Cです。これぐらい太いと、どこを走ってもぼよんぼよんと非常に快適です。スピードは出ませんがね。

P1020259
ビルもなくクルマもいないこの風景、ほっとしますね。ここに住みたいなぁ。

P1020263
7-11のストロベリー&バニラソフトが食べたくなる色合いですね。(宣伝したので今度くださいオイオイ)

P1020265
暑いので日陰の多い「川島こども動物自然公園自転車道(長い名称!)」を使います。雑草がはびこって、道幅が狭くなっている所があちこちにあるのは相変わらずですが、まぁ炎天下よりはマシですかね。

P1020268
早俣橋で都幾川を渡ります。車道はこわいので歩道を通ります(笑)。

P1020269
東上線の踏切を渡って…えっ?いえいえ、物見山には行きませんよ(笑)。いろいろな意味で怖いですから(笑)。

P1020270
はいっ!高坂駅至近の自家焙煎のお店「珈琲ばか」さんに汗だくで着きました!(笑) 水出しアイスコーヒーとチーズケーキのセットです。めちゃおいしいなぁ! アイスコーヒーをおかわりしちゃいました。やっぱり、ちゃんとしたコーヒーはバツグンに旨いですね。ちなみに今日のはモカの深煎りだそうです。

P1020273
お店は東上線の踏切を渡ってすぐ、マミーマートの向かいを入ったところにあります。店内にはギャラリースペースもあり、おいしいコーヒーを飲みながらアートを楽しめます。ライド中、こんなお店でコーヒータイムをすればリフレッシュしてシャキーンとしますよ!

ところで「珈琲ばか」さんにうかがったのはこれが初めてではありません。時間は今から15年ほど前に遡ります。

ある晴れた秋の日、私と自転車の師匠のS藤さんは、東松山をまったりとサイクリングして
いました。「電車なら都心から1時間ほどですし、ほどよい田舎感がいいですよね。この辺に住みたいなぁ」「走って楽しいところもいっぱいあるよね」などと会話しながら。ちなみにS藤師匠は当時、東京のど真ん中、豊島区に住んでいらっしゃいました。

そしてある角を通り過ぎようとして、私のアンテナがピピっと反応しました。
「ん?なにかありますよ!」とブレーキをかけ、そちらへハンドルを切ります。

「お!これは!」個性的な店構えのカフェです。ウインドーからは店内の大きな焙煎器が見え、店頭のバイクスタンド(このころは特定の店にしかありませんでした)には、カフェオレ色のスポルティーフが掛かっています。「これは絶対名店ですよ!」私たちはいそいそと店に入りました。ちょうどいい加減にお腹が空いていた私たちはメニューに「コーヒーカレー」なる一品を見つけ、それとコーヒーを頼みました。

そしてやってきたコーヒーと「コーヒーカレー」。コーヒーのトレイにはススキが飾られ、季節感たっぷりです。サーバーに入ったコーヒーは量もたっぷりで、これはうれしいですね。コーヒーカレーは、挽いたコーヒー豆が入っているそうで、香ばしい香りが食欲をそそります。ではいただきます!

う~ん!コーヒー豆のほのかな苦みがアクセントになり、カレーのスパイスがより引き立っています! おいしい! そして自家焙煎コーヒーも心ゆくまで楽しみ、満足!満足!

お腹も心も満足した私は、お店のかたに店頭にあるスポルティーフのことを訊いてみました。すると、自分のツーリング用自転車で、コーヒー屋なのでカフェオレ色に塗装してみた、とのこと。このかたはズバリ、私たちの同士でしょう! なんでも、前職はサイクルメッセンジャーだそうで。どうりで!

シジョーに(谷岡ヤスジふうに)満足した私は、当時「ライダーズテーブル(だったかな)」という連載があったサイクルスポーツ誌に、ぜひ取材しておくんなまし的なファックス(紙のほうがなんか来たぞ!感がありますからね)を送りました。結果「珈琲ばか」さんはライターの保坂せい子さんが取材して誌面に載り、最近流行の「サイクルカフェ」の先駆け的な存在になった…のではないかと思うのですが。

その後、たま~にしか伺っていませんでしたが(10年くらい伺っていなかったかも)、荒サイの名物「ヤジマ」さんもとうになくなり、どこか荒サイ周辺に自転車乗りの「ほっとスポット」があったらいいな、とそんな場所を求めて久々に伺ったのでした。久し振りの「珈琲ばか」さんは、変わらぬコーヒーのおいしさと心休まる雰囲気で、やはり「ほっとスポット」でした。こういうお店が長く続いてほしいな。皆さんも、物見山のついでに寄られてみてはいかがでしょう。高坂の東上線の踏切を渡って、マミーマートの前をはいったところですよ(大事なことなので2回書きましたw)。お店の前の「カルロスさん」の彫像(?)が目印です。

P1020278
稲もすくすくと育っています。いいお米になるんだよ!

P1020282
荒川は麦秋です。

P1020285
まるで夏ですね(リピート)。

あっそうそう、帰り道は脚が最近まれにみるほどよく回りました。やっぱり、カフェインの効果と、ミルクとシロップをたっぷり入れたばかうまコーヒーの恩恵ですかね。ツールの選手も、スタート前ヴィラージュでうまいコーヒーを楽しむそうですよ。お試しあれ!



カムバックしたルイガノ君の巻なのだ

私事ですが(まぁブログなのでだいたい私事ですが)、愛用している徒歩5分のスーパーが改装のため1月弱、休業することになりました。これは一大事です。近くにコンビニはありますが、高いし、野菜とかはほとんど置いてないですからね。なので、しばらくはちょっと離れたスーパーまで行かなければなりません。愛用のスーパーの次に近いスーパーが徒歩15分、その次は徒歩で20分くらいかかるかもしれません。
なので、急遽「スーパーお買い物用自転車」を用意することにしました。べつに、700×30Cのタイヤを履かせたビアンキ・ルポや700×28Cのバッソでも買い物には行けるんですが、夜とか、もうすこし太いタイヤのほうが安心感があるじゃないですか(←心配性)。
ということで、しまいこんでいたクロモリの重いルイガノ(サスフォークのせいですが、フレームはそれほど重くもないです)・「のうさぎ2号(梅丹カラー)」をお買い物用に引っ張り出すことにしました。ついでに、ちょっとお散歩してみました。いつもはあまり通らないようなところをね。

P1020211
緑の季節ですね。爽快な天気です。

P1020209
一見おいしそうですが、鳥さんも食べていないようなので、実は??

P1020217
日当たりのよい斜面ではムラサキツメクサが猛威をふるっています(笑)。

P1020218
田んぼに落ちないように気を付けて走行します。

P1020226
あたり一面がこの有り様です(笑)。荒川左岸のこの辺は、以前はサイクリングロード(歩行者自転車道の通称。自転車専用道ではない)が通っていたのですが、堤防のかさ上げ工事に伴ってもっと川のほうに移動されました。なので今は野生の王国(そんなテレビ番組がありましたね)になっています。

P1020228
以前この辺りの土手では牛さんがのんびり草を食んでいましたが、今は牛舎はもぬけの殻です。牛さんたちは牛丼になってしまったのでしょうか。おだやかな日々も長くは続かなかったのかな(悲

P1020230
きれいですね。お空では雲雀さんがにぎやかにさえずっています。

P1020235
花弁は複雑な形をしていますね。でも、なんという花なのか、とか調べたりはしません。大事なのは「きれい」と感じる心です。原産はどことか関係ないです。不遜な性格でしょうかね?

P1020236
クルマもいないし、静かで最高です。こんな道だけを走りたいですね。

P1020229
カモさんもまったりと水面を泳いでいます。以前「カモさんは冷たい水の中で脚がつらくないのか」といらぬ心配をしましたが、水鳥の脚は体とは違う熱交換系を持っていて、それゆえ平気らしいですね。
今はカモさんにとっては、足湯をつかっている気分でしょうか。(想像)

さてそんなこんなでダートもふくめ5時間ほど走りましたが、やっぱり車重があるぶん、登りなどではロード系の自転車に比べて負担を感じますね。まぁ市場にはカーボンを使った10kg台のMTBもありますが、私にとってはモンブランに咲く高山植物のような高嶺の花です(笑)。それに転倒してカーボンがポッキリ逝っちゃったりしたら、こちらまでショックで心臓麻痺になりかねませんし。まぁ私はこの重いスチールのMTBでいいです。でも欲をいえば、ショック吸収性のいいリジッドフォークにして軽量化したいところですね。サスがなくても太めのタイヤを履かせれば、岩ゴロゴロのところでも走るのでなければ充分ですよ。80~90年代に市場に出回っていた、サスなしのクロモリMTB、ああいうのでいいんですがね。

それはそれとして、ルイガノ君にはそこらにあった適当なサドルをつけて行ったので、パッド付のインナーパンツを穿いていたのに尻が痛くなりました。もっと運動強度を上げればサドルにかかる体重が減るので尻の痛みも出にくいのかもしれませんが、そうすると今度は膝とかに負担がきそうで躊躇してしまいます。膝を故障しちゃったら、尻の痛さより自転車に乗るのが大変になりますからね。ロードの選手とかは私のよりもっとペランペランのサドルを使ってますから、レースのペースが遅いときなど、選手でも尻が痛くなることがあるそうですよ。へぇ~

まぁ創造主は自分がつくったイキモノがこんなものに乗るとは想像していなかったでしょうから、こればかりは自分に合ったものを探すしかないですね。サドル問題は根が深いです(笑)。

ノスタルヂツクグラベルフリーライドw

P1020151


P1020154


P1020153


P1020156


P1020165


P1020168


P1020175


P1020180


P1020187


P1020189


P1020193


P1020198


P1020201

ヤジマ桜

そういえば、だいぶ長い間「荒川の見回り」をさぼっていました。記事をさかのぼると…昨年10月が最後でしょうか(さぼりすぎだろ!)
まぁ、荒川は自宅のそばなので「いつでも行ける」と思うと人間、なかなか腰が上がらないものです(いいわけかよ!)仕事に行くとき、バイパス替わりにちょこちょこ荒サイは使いますがね。

P1020094
鹿浜橋そばの「どんぐり公園」も桜の季節を終え、うっそうとしてきました。

P1020096
右岸秋ヶ瀬橋の上流側が工事のためしばらく通行止めです。まぁ、ちょっと住宅地に迂回すればいいのですがね。

P1020103
ヤギさんも元気そうです。というか、このヤギさん、つながれていますね。天気のいい日中はこうして土手にいるのでしょう。

P1020104
荒川グラベル。ここを23Cとかのタイヤでクリアするのは、ちょっとテクが必要でしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

P1020106
荒川の春色はこんなです。

P1020108
ん?太郎衛門橋の先の天面が舗装されていますよ。

P1020109
ほほう、これは快適ですね。土手下の自転車道は狭いうえに植物が茂って道幅がせまくなったりしますからね。

P1020116
ヤジマ跡地の桜です。もうソメイヨシノは散ってしまって、この八重桜が一本だけぽつんと咲いていました。きっと、わたしが来るまで「散るものか、がんばるぞう」と待っていてくれたのでしょう。じ~ん。…ありがとう(おいおいおい)。

P1020124
山形さん、見えますか?ヤジマの桜ですよ。大宮で高級寿司をおごっていただいた、あのお返しはとうとうできませんでしたが、これからもこうやって毎年、ずっとお見せしますから、いいですよね?

P1020130
荒川グラベル。もっこりパンツ黒グラサンの怖いローディもここまでは来まい。パンクが怖いからね( ̄ー ̄)ニヤリ

P1020133
あ、「のうさぎ1号」をモディファイしたのでご紹介しますね。興味のないかたはここでページを移動していただいて結構です( ̄ー ̄)ニヤリ。
ま、ハンドルバーをブルホーンにしただけなんですけどね、それも、ドロップバーをギコギコカットしてひっくりがえしにセットしただけ。これがいいんでつよ。元手がかからず。ホームポジションでハンドルがしっかり握れてブレーキもガツンとかけられる。UCIのロードレースには出られませんが、ツーリングにはバッチグーでつ!

P1020137
どうでつ、全体的なフォルムもまとまっているでしょ?( ̄ー ̄)ニヤリ。

P1020142
荒川の菜の花は、江戸川のように圧倒的ではなく、楚々としたたたずまいでつね。

P1020145
夜桜もあるでよ。



不運な自転車 的な?

P1010752
思い起こせば暑くなってから「荒川の見回り」に行っていませんでした。35℃とかいうときに何時間も自転車に乗るなんて考えただけでうんざりですからね。10月に入って「もう大丈夫だろう」とようやく出撃wしました。上流のほうに行ったのは3か月ぶりくらいなのは間違いありません(さぼりすぎだろ!)。あっ、日常的に自転車(クロモリのバッソ)には載ってますし、自転車で出かけたときは荒サイ(広義の)もちょろっと通りますよ。通り道ですからね。
いやぁ、季節はすっかり変わってしまいました。でもヤギさんも元気そうでなによりです。

P1010755
さてこの自転車、2000年モデルのスペシャライズド・SワークスM4ロードです。ずっとドロップバーでしたが、ちょっとフラットバーに換装してみました。実はこの自転車、数奇な運命をたどった自転車でありまして、2000年モデルなのに私が買った(フレーム+フォーク)のは2007年。詳しいことはわかりませんが、某ショップの倉庫に眠っていたようです。見た目T.T.バイクふうですが、出自は2000年のフェスティナチーム供給のマスドロードで、その単色ヴァージョンです。ツール・ド・フランスでは平地用として使われたようですが、不評だったのか1年で姿を消してしまいました。数年後イタリアのドミナヴァカンツェチームでこれと似たフレームが使われましたが、別物だったようです。
コレを買ってから1年くらいしてクロモリのバッソを買ったので、このスペシャはたまに乗るくらいになってしまいました。クロモリのほうが乗ってて気持ちいいですもんね。しかし、何年も倉庫におきっぱになっていて、ようやく買い手が見つかったと思ったら、また放置プレイ…なんて不運な自転車なんでしょう(泣)。

P1010758
ヤジマ跡地。コスモスが風にゆれていました。

P1010761
そういえば大芦橋のコスモス街道ももう見ごろかな?

P1010766
イエローonイエロー。

P1010768
モフモフの象さんw
今さらいうのも何ですが、やっぱり私にはクロモリのほうが合っているようです。アルミバイクは乗り心地が「路面の凹凸探知機」みたいでどうもね。乗り心地を良くするためにパイプを薄肉にすると今度は破断しやすくなるし。いままで何台かアルミバイクも乗りましたが、みんなイヤになって処分してしまいました。嗚呼、可哀そうなスペシャ君の運命やいかに?(おいおい)
Twitter プロフィール
↑ツイッターはここから入ってにょ!
ギャラリー
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • いいゆめをみたいなら