シマノSPDシューズ
どうも、ごぶさたでした。言い訳になりますが、暑くて記事を書く気になれませんでした(笑)。お仕事の足としては自転車に乗っていましたが(片道40~50分)、オフの日も「なにも休みの日まで自転車に乗らなくてもよくね?」という体たらく。ま、そんなわけでして。

さて、一年ほど前に買ったシマノのSPDシューズ・SH-MT34G(↑上の写真)ですが、じつはあんまり履いていませんでした。
なぜかというと、シューレースガイド(って言うんでしょうか、靴紐を通すパーツ)の内側の一番上が、ちょっと外股ぎみにペダリングするとクランクに接触して「チッ、チッ」と音がするからです。気になってしばらくは内股ぎみに漕ぐのですが、いつのまにかまた外股ぎみになって「チッ、チッ」と音が。
「ありゃ、そんなにあたしのペダリング、癖があるかな?」と思いましたが、シューズをよく見ると、やっぱり件の部品がちょっとシューズの内側から出っ張っているように見えますけどシマノさん、どないでしょう?(笑)
そんなわけでしばらく履いていなかったのですが、なんせ自転車関連にお金をかけられない貧民の私ですから、せっかく買ったシューズを履かないで放置しておくのはもったいない。

そ・こ・で 「接触するのならカットしてしまえほととぎす」と、件の部品をぶった切ることに。靴紐を締める位置が一段下になってしまいますが、なあに、レースに出るわけじゃあるまいし、問題ないっしょ!と実行。ギコギコギコ…。

かくして、漕いでも音鳴りはしなくなりました。やっぱりじゃっかん足のホールドは弱くなった気がしますが、そんなの関係ねぇ!と最近は平日はもっぱらこのシューズを履いています。トレッキングシューズっぽいルックスなので、オヒスで履いていてもあまり違和感がない(と思っているのは自分だけ?)のがいいですね(笑)。ロードシューズとかクロカンMTBシューズほど風通しがいいわけじゃないので、冬までいけそうですよ!とはいうものの、「のうさぎ1号」のタイヤもだいぶくたびれてきたし、そろそろ替えないとなぁ。軽量シクロクロスフレームなんていつになることやら…ああ貧乏はいやだなぁ(愚痴かよっ)