いやあ、暑いですな。でもまだ7月中旬ですよ。夜も暑いですが(自室の室温29℃って…)、亡国企業東京電力にもうけさせないためにクーラーはつけませんっ!(キッパリ)扇風機と給水だけでしのぎます!

しかし、こんなときはお休みといえどサイクリングに行く気力も萎えがちですね。走りだせば風が気持ちいいのはわかっていますがね~。今日日曜日もグダグダと過ごしてしまいましたが、夕方になって「これじゃあいかんw」とロードバイクで夕涼みがてら食糧の買い出しにいくことにして、大容量のメッセンジャーバッグを背負い、ロードバイクですぐそこの荒川に。

ん?!この感じ!走りだしてすぐわかる、この爽快感!荒川を渡る川風が気分をリフレッシュさせてくれます。これこれ、これでんがな!やっぱり、通勤用のぶっといタイヤのバイクとはひと味違います!以前、女性ロード選手の森田正美さんが、某FR誌のインタビューで「森田さんがロードバイクに乗り続ける最大の理由はなんですか?」との問いに「やっぱり、風ですかね。気分がすぐれないときでも、ロードバイクに乗って走りだせば気持ちよくて、いやなことも忘れてしまいます」と答えていて、「ああ、こういう人はちょっとしたことで自転車をやめたりはしないだろうな」ととても共感を持ったのを思い出しました。


スーパーで好きなものをしこたま買い込んでメッセンジャーバッグにぎゅうぎゅう詰め込んで、外に出たら夕立。おばちゃんとかはスーパーの屋根のある駐輪場で雨宿りしてましたが、せっかくの天然のシャワーをなんで避けるかなあ。もちろん私はそのまま走りだしましたよ。気持ちいい~!

ロードバイクの爽快感を思い出させてくれた猛暑よ、ありがとう!