P1010640
前回気がついたのですが、右岸・荒井橋の上流側が、流行りの言葉で言うと「グラベル」だったのが舗装されていました。これはどこまで続いているのか確認してみましょう。

P1010643
これは気持ちのいい道ですね。右側の林からはさわさわという音と新緑の香りが流れてき、左側は長閑な田園風景です。
P1010645
土手の斜面にはハルジオンが慎ましやかに咲いています。

P1010648
この道は吉見桜堤からの道と合流していました。吉見桜堤のほうの道はいちおう歩行者自転車道なのですが、せまいのにどういうわけかスピードを出しているロード族(と言っちゃいましょうか)が多いので私は好きではありません。歩行者もいるあんなせまい道でスピードを出すなんて危険ですよね。

P1010652
この間「ニラみたいな」とアホなことを書いたこの植物はやっぱり麦ですね(笑)。えっ?稲と麦の違いくらいはわかりますよ~(笑)。

P1010658
左の土手には菜の花、右の土手には…なんでしょう、この濃いピンクの花(笑)。まぁ名前を知らなくてもいいですよね。大事なのはきれいと感じる心です(笑)。

P1010656
それにしても走っていて、実にさわやかです。やっぱり、梅雨入り前のこの時期が一年で一番爽快感がありますね。

P1010655
さすがにロード族もここまでは来ないでしょう。のんびりと走ります。

P1010630
やっぱり週に一度はこういうところを走って気分転換をしたいところですね。ビルとか人ばっかり見てると心が荒みますから(笑)。あっ、自転車は5か月ぶり(!)にロードバイクを引っ張り出しましたよ。

P1010636
見覚えのある木だな~と思ったら、2015年9月22日の記事で写真を載せた木です。ところが、そのときの写真を見たら、寄り添うように2本あるではないですか。今は1本だけでぽつんとたつ姿がなんとも寂しそうです。木の言葉がわかるなら、何があったのか聞いてみたいところです。

ところで記事名の「どてずっぽう」って何?と思ったかたもいらっしゃるでしょう。たしか町田町蔵(現在の町田康)が言っていた言葉だと思うんですが…。確認のしようがないので私の造語ということにしておきます(笑)。意味は、「土手を目印として、あちこちあてずっぽうに走る」ことです。篠原さん、これでいいですか?