何時間もお外にいても寒くなくなってきたので、でぶっちょMTBルイカツくんに26×2.00のセミスリックタイヤ「ミシュラン・スプリント」を履かせ、荒川たんけんにでかけました。
P1010465
左岸の鹿浜橋~江北橋間にあった「最後の荒川フジツボベルト」がようやく舗装されました。ぶっちゃけ、単に家のそばなわけですが。以前は23Cとかのタイヤだと、けっこうハンドルをとられてヒヤヒヤもんだったのですが、これで気を使わないですみます。あっ、でもローディのみなさん、ここでスプリントの練習とかしないでくださいね。そういう目的で舗装されたんじゃありませんから。ちなみに左の道はご存知(笑)「荒川シングルトラック」です。

P1010468
どうです、みごとな舗装っぷリでしょう(笑)。月の夜ここを通ると、路面が月光と首都高を走るクルマのライトに照らされて、なかなかムーディですよ(笑)。

P1010441
江北橋を渡ってすぐ左に曲がったところのダブルトラックも舗装していただきました(笑)。ここ、帰り道にロードバイクで通ったら、轍にハンドルをとられて落車したんですよね。別に要望を出したわけではないのに、わたしの声なき声が届いたのでしょうか(笑)。

P1010442
「海まで何km」の標柱にウサギさんが乗っかっています。これは戸田橋のほうのと同じですね。しかし、ウサギは土手に巣穴を掘るので害獣とされていますが、河川管理者にとっては整合性に問題なしですかね(笑)。ちなみにこのオブジェ、巨大に見えますが、カメラアングルのせいで、実際は子ウサギくらいの大きさですよ(そりゃそうだ)。

P1010444

やぁ、もう空はすっかり春色ですね。もうお彼岸ですものね。

P1010451
川口のここの鉄橋のそば、私の覚えているかぎり、前世紀からずっと工事していますよ。サグラダファミリアかっちゅう~の(と胸を二の腕で寄せて、谷間を強調してみせる)。

P1010450
水際にあるチョコレートケーキみたいなのは、波で岸が削られるのを防ぐ自然素材の(植物を束ねたもののようです)ブロックですね。野生の鵜らしき鳥がとまって休んで(もしくはエサを探して)います。

P1010454
ずんずんと川っぺリを進みます。

P1010447
あっ!川猫さんがこっちを見ていますよ。なんかドキドキするなぁ(おいおい)。

P1010455
あっ!トラネコさんもこっちに近づいてきます!「ごちそうでも持ってきてくれたの?」

P1010456
ミケさんも熱い視線を送ってきます。いやぁ、照れるなぁ(加山雄三さん口調で)

P1010446
荒川の春の風物詩「イヌノフグリ」です(もうちょっとましな名前にできなかったのかなぁ(笑))

P1010457
干潟です。

P1010460
鳥さんたちも、気持ち良さそうにさえずっています。

P1010461
荒川ストラーデ・ビアンケ(またかよ)

P1010463
なにか河川敷に土を盛ってますが、何を始めたんでしょうか。

P1010472
今日は3/19ですが、荒川シングルトラックの桜のつぼみはまだ硬いようです。

P1010471
開花したら、このブログでご紹介しますね。ま、それまで生きていればですが(おいおい)
というか、みなさん荒川にお越しのさいは、ぜひ左岸の鹿浜橋~西新井橋間の土手の由緒ある桜をまったりと楽しんでくださいまし!