001
↑お風呂屋さんの煙突。つたがからまってます。
003
↑すばらしい画力です。
004
↑気持ちのいい道です。
007
↑いまどき木の電柱!と思ったら「なんちゃって木の電柱」でした。

009
↑高圧線の下は植物がよく育つ、んだっけ?(R・F・セリーヌ「なしくずしの死」より)
010
↑葛飾区四つ木にて
011
↑なんとも味のある看板です。こんなお店で自転車を修理しながら絵を描く余生もいいな。
012
↑そこの角から小学生の自分が出てきそうです。
013
017
↑今日は暑かったもんね。
026
↑かつしかハープ橋の近くに気持ちのいい道がありました。
031
↑おかしの家?
032
↑生地をこねるお姉さんはコテコテの日本人ですね。
033
↑もと精密機械の工場みたいです。
034
かつてはスバルR‐2やレオ―ネがひしめき合っていたのでしょう。
037
↑ねえねえどこいくの?
042
↑花というのはよく見るとなんともエロチックです。
046
↑こういうセマセマでクネクネな道がどうにもこうにも好きです。
047
↑横わけの髪とちょび髭が威厳を感じさせます。
048
↑直球なコピー。
049
↑韻を踏んだのですねw。ていうか、この数軒先にも小鳥屋さんがありますが。
050
↑豪華な車止め。日が暮れてきたので今日はこのへんで!まて次回!