マウンテンバイクを組んだものですからうれしくてルンルンとあちこち走りまわっています。
この「ほよよ~ん(byあられちゃん)」とした乗り心地はくせになりますね。

今日は下町を放浪(笑)していて、「星の旅人」に 会いました。
004
↑「おお!同士よ!」と声をかけたのですが、答えがありません。どうやら彼らは我々とは違う次元の旅人のようです。たまたま太陽系サイクリングの途中、地球で休憩しているだけなのかも。次元が違いすぎて即答できなかったのでしょう。
013
↑自転車を見ると、地球でも売れそうなツーリング車ですね。いいなぁ~、これ。
017
↑彼らと別れて工場街のほうに進みます。小学生のころ、こんなところで遊んでいた記憶があります。
019
↑工場街のそばの公園で、こねこがしんでいました。こねこには酷な環境なのかも。
020

023
↑人は住んでいなさそうです。
025
↑住宅街に突如おせんべい工場が現れましたよ。中をのぞくと…おおっ!思わず息をのむ超モダンレトロな光景が!ドキドキドキ(なんでしょう、この精神の高揚はw)
030
↑もちろんおせんべいを買いましたよ!あの工場内を見たら買わずにはいられません!(興奮気味)
035
↑かつてはここも大賑わいだったのでしょうね。耳を澄ますとおやぢたちの談笑する声が聞こえてくる気がします。
昭和は遠くなりにけり。
037
↑この急な階段をだれが登るのでしょう?しかも幅20センチほど(驚)忍者屋敷?

038
↑どなたかのお住まいだったようですが、つくりが神殿のようです。
ベランダというか屋根の上で英雄が演説しそうな感じです。

041
↑手作り感満載の家屋と下町のバベルの塔
044
↑幼いころ こんなところでかくれんぼをした記憶がかすかによみがえってきます。

047

048
↑レトロ感たっぷり。
051
↑これまたレトロモダーンなヴェロですね。品のあるパリジェンヌが乗っていそうです。
ただ、ライトはもう少し下に向けたほうがいいと思いますよ(笑)。
053
↑そろそろ人が多い地区です。今日の放浪はこのへんにしておきましょうかね。


下町放浪から帰ってきて、写真をマリオくんに見せたら

「あ、ぼく、この人たちと会ったことあるよ」

えっ、どこで? 

「セルギウス座のへんだったかな。気持ちよさそうに宇宙サイクリングしてたから、ぼくもしばらく星空を見ながらいっしょに自転車に乗ったよ」

「やっぱり彼らは星の旅人なんだね」

「うん、この人たちも『青い星のほうに行ってみるんだ』って言ってたけど、やっぱり地球に来たんだ~」

マリオくん、旧友に会ったようにうれしそうです。

「まだしばらく地球にいるのかな~? のうさぎ星に帰る時、いっしょに帰らないか聞いてみようかな~」

おやマリオくん、またよくわからないことを言ってますよ。まぁ私の言うこともマリオくんにはわからない部分があるらしいですから、べつにかまいませんがね。


それにしても、あのしんだこねこのたましいは、いまどのへんにいるのでしょう。