017
何やらいにしえの人形活劇「サンダーバード」のような記事名ですが、某オークションでクロモリのMTBフレームを手に入れ、自分で組みました。

MTBはとても好きで、シュウィンのアルミMTB、GTのWサス、ジェイミスのクロモリハードテールなどに乗っていました。
ツーリング・通勤・取材など活躍してくれたジェイミスをあまりにぞんざいな扱いでダメにしてしまってから数年、MTBがない生活を送っていましたが、定期的にオークションサイトやショップの情報を見て、手ごろな価格のクロモリフレームを探していました。なぜクロモリか?これは私にとっては大きな問題で、クロモリ(スチール)には他の素材にない利点があるからです。興味があるかたは検索してみてくださいな。
ちなみに↑の写真のバックは、たびたび記事に登場する「荒川シングルトラック」の近くの「荒川レンゲロード」です。あっ、検索しても出てきません。私が勝手にそう呼んでいるだけですから(おいおい)
 
蛇足ですが、MTBは「初心者が乗るもの」と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、私はけっしてそうは思いません。MTBはロードバイクとはまた別の、自然と一体になれる素晴らしい乗り物だと思っていますよ!
えっ?何故に「のうさぎ2号」なのか、ですか?それはですね、全体的に「のうさぎ」っぽい色でしょ?(笑)

007
↑このフレームの梅の花は…そう、ロードレースファンなら誰もが知っている、あのドリームチームのグラフィックですね。自分でペイントしました。こ~ぢさん見てますか?(笑)もしこのMTBを見かけたら、そのときはお声掛けください。ドリンクの一本でもさしあげます(何十人も来たらどうするw)。
005
↑サドルにはスプリング付きのものをチョイス、ハードテールにありがちなダートでの突き上げ緩和を狙いました。ゲイリー・フィッシャーさんが作った「最初のMTB」にもこの手のサドルが使われていたと記憶しています。別名「レーパンいらず」とも呼ばれているとか?
003
↑脚回リはマヴィック&ミシュランのフランスブランドで統一してみました。田中さんどうでしょう?(笑)まぁグレード的には安物ですけど、グレードより統一感が大事です。(笑)。
015
↑初夏の荒川シングルトラック。
023
↑荒川あぢさゐシングルトラック。(これも正式名称ではありません。ググっても出ませんw)
029
↑荒川ストラーデ・ビアンケ(笑)。
 032
↑岩場(笑)
036
↑「自転車で走る荒川」でも紹介した「ワンド」。
039
↑千住新橋のちょっと下流あたりかな。
042
↑ここも上の写真の近くです。
002

麦秋。
さて、このMTBでどこ行こう?世界一周もいいな(まぢかよ)