荒川の紅葉を楽しむのだ、の巻(小沢昭一さん風に)

P1010318
定点観測地点の「荒川シングルトラック」です。この間の記事「11月」ではまだ緑緑していたのですが、ちょっと目を離した隙に紅葉していました。11月7日は立冬でしたからね。植物は几帳面ですね(微笑)。
P1010320
いいですね~!こういうところを葉っぱをカサコソいわせて通り過ぎるとき、幸せを感じます。あ、美暗記くんのタイヤはまたタイオガのシティスリッカーⅡになっていますね。このタイヤ、38Cもありますから乗り心地はいいんですが、荒れた路面でハンドルに伝わってくるショックは、30Cのチャレンジ・アルマンゾのほうが少ないですね。やっぱり高いタイヤのほうがしなやかなようですね(というか構造からして違いますからね)。ちなみに、両方のタイヤとも空気圧は5barで使っています(体重は重めですw)。
P1010323
ここは荒川の支流なのでしょうか?
P1010326
荒川をちょっと離れ、新河岸川の志木市役所近くです。ここは以前は未舗装路でしたが(拙作「自転車で走る荒川(2001・11)」参照)、きれいに舗装されています。べつに舗装する必要はなかったんじゃないですかね。
P1010328
鴨さんたちが浅瀬で集っています。それにしても、もうだいぶ寒くなってきたのに、脚やお腹が冷たくないんですかね?私には無理ですね(爆)。

11月

P1010248
P1010254
P1010264
P1010265
P1010267
P1010269
P1010270
P1010273
P1010276

荒川の見回りとアルマンゾ

P1010244
めっきり涼しくなりましたな(去年も同じことを書いた気が…)。ひさびさに「荒川の見回り」に行きました。最近は雨でも自転車でお仕事に行っているので(通勤電車が大嫌いなので)、「なにも休みの日まで自転車に乗らなくてもいんじゃね?」というていたらくです。荒川の見回りと言っても、道幅がせまくて単調で黒いグラサンにピチピチパンツのロード海苔が怖いサイクリングロードはなるべく通らず、もっぱら写真のような農道をさまよっております。
農道はいいですね。変化があるし、稲や麦、その他の作物の生育状況を間近に観察できる(笑)。走っていて飽きません。クルマも、たまに通る「農道のポルシェ」くらいだし(笑)。目を皿のようにして文字を追っている日常を忘れ、とてもりらっくまできます。サイクリング写真を楽しみにしている方もごく少数、いらっしゃるようなので、もうすこし真面目に更新しようかな(おいおい)。
ちなみに、上の写真に写っている「美暗記(パソコンが勝手に変換しやがりました)くん」のハンドル上に設置してあるのは「艦首波動砲」ではなく、キャット愛のライトの2連装です。「宇宙戦艦ヤマト」、初回オンエアから見てましたけどね。

P1010242
「チャレンジ・アルマンゾ」のタイヤにも泥でお化粧してあげました。このタイヤ、やっぱりアスファルトよりこういうシチュエーションが似合いますね。とはいえ最近はロードバイクではなく、この美暗記くんがもっぱら日常の足なんですが。白山通りの水道橋~神保町間の舗装状況が劣悪なので、ロードバイクだとこわくてね。なんとかしろよ馬鹿野郎(おいおい)。
このタイヤ、導入当時は「ハードなフィーリングだなぁ」と思っていたのですが、ここへきて表面のトゲトゲも削れてきて、タイヤ自体もちょっと柔らかくなってきたのか、ちょっとソフトな走行感になってきました。いいぞいいぞ。やっぱり、クロスバイクにはこのくらいのエアボリュームがほしいですな。 <つづく> 
ギャラリー
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜
  • 荒川鳥羽井沼 ヤジマ跡地の桜