地球に落ちてきたのうさぎマリオ

萩原水音です。このブログはなるべくPCまたはタブレットでご覧ください。

ホイール、逝く

2004年頃に神田のサイクルショップ「マイロード」で組んだ愛用のホイールが昨日、天寿を全うしました(使いすぎだろ!)。…荒サイを十年以上走り回ったり、大手町でインド人エンジニアの大型バイクに当てられても平気だった丈夫なホイールでしたが、リムブレーキの宿命である「サイドの摩耗」からは逃れられず、最期はリムが割れて飛び出したチューブが「バァン!」とパンクするという壮絶なエンディングでした。合掌。
↓ホイールがまだ新しいころの1枚
榎本 2004
2004年頃の榎本牧場ですが、ここに写っている「キヨ・ミヤザワ」のフレームも荒サイの吉見で軽トラに当てられて廃車となり、今は「思い出の1台」となりました。気に入ってたので、今だったら自分でひん曲げて直したと思いますが(素人が修正すると危ないよ!)。
↓壮絶な最期の写真(閲覧注意w)
P1020240
いやぁ、リムのサイドが見事に割れちゃってますね。こりゃタイヤも外れますわな。最近、「このリム、サイドがかなり薄くなってるな、もう寿命だな」とは気づいていたのですがね。

この日、目的地到着寸前にブレーキをかけたところ、フロントホイールに違和感を感じたので見てみると、ブレーキシューの圧力に負けてリムが陥没しています。「あ、ついに来たか」と思いましたが、予定があるので帰路に対策することにしました。帰路、「乗れるかな?」とリムをよく見ると、陥没しているものの割れてはいないようなので、フロントブレーキには頼らないようにしてそろりそろりと走行して、あいているショップを探すことにしました。

が、通行量の少ない、緩い坂を安全のため歩くような速度で下り始めたところ、前述のようについにリムが割れてしまったのでした。モノを大事にするのはいいですが、これはあきらかに使いすぎですね。良い子はこうなる前に、リムが摩耗していると感じたらショップに持って行って、リムを交換したほうがいいか訊いてくださいね。もしも高速ダウンヒル中にこうなったら、へたをすると死にますからね(冗談でなく)

お気に入りのホイールがおしゃかになってヘコんでいると思われましたか? いいえ、もう寿命ですから。とくにリムブレーキの場合、使えば使うほどリムがシューによって摩耗しますから、どうしようもないです。まだスペアのホイールがあるので、それを使っていますが、正直、日常使いの自転車は、もうディスクブレーキにしたいですね。

けど、それにはフレームから変えなくてはならないし、節約生活をしている貧乏人には当面、無理っぽです。まぁ今の自転車はとりあえず気に入ってるし、まだ使えるうちはとことん使わざるを得ないし、生きているうちにディスクブレーキ仕様の自転車に乗り換えられるかどうかは…微妙ですなぁ(おいおい)


※スペアホイールを持ってアイスクリームを食べながら歩いていて(おいおい)歩道の段差で転んでしまい、シャフトがひん曲がって往生していたときに助けていただいた白山の「CharinkoHouse」さん、ありがとうございました!次回大物を購入するとき(あるかわからないけどw)はまた利用させていただきます!

追記:ホイール交換時、ブレーキシューも交換したのですが、シューも経時変化でだいぶ硬化してました。この硬化したシューがリムの摩耗を早めたみたいです。反省。
やっぱり、シューも早め早めに交換したほうがいいみたいですね。スモールパーツをけちって大物パーツがダメージを受けたんじゃ、本末転倒ですもんね(←貧乏人が陥りやすいパターンや!アフォ!)

自転車乗りの必需品

P1020238
どうも、使ったことのないベルがあると、とりあえず買ってみる私ですw。千円もしないしね。
ベルって、本気走りのシトには(谷岡ヤスジふうに)ただ「法令で決められているからつけている」だけのものかもしれませんが、普通の自転車乗りが一般道を走行するときに必要不可欠ですよね(もちろん、装着していないと法令違反です)。前方にゆっくり走っていて、しかもどっちに行くかわからないママチャリおばちゃんがいるとき・道いっぱいに人が広がっているとき・信号のない十字路にさしかかったとき・犬のリードをびょろ~んと長く伸ばして散歩させている人(と犬)を追い越すときなどなど、ベルをやさしく鳴らしたあと、手を上げるなり「すみません」と声をかけるなりすれば、鳴らされたほうも敵意は抱かないはず。

私は今まで、一般車用ベルの取り付け部をちょっと加工して、キャットアイのリフレクタ-用ブラケットを介して自転車(ロード・クロス・MTB)に装着していました。一般車用ベルを使う理由は、この音が周知されていて、だれでも自転車が接近しているとわかるからです。これは使いやすかったのですが、このブラケット(千円もしません)の手持ちがなくなったし、こんなスモールパーツをショップで注文するのも気が引けるのでw、このところ、ほかのを試していました。うん十万円もするホイールを導入しても(もちろん私は買えませんが)、レースには勝てるかもしれませんがそれ自体は一般道を走行するさいの安全性にはあまり関係ないですから、ベルをいろいろ試してみるのは、そんなに高いものじゃありませんし、貧乏人のお金の使い方としては賢明ですよね、ねっw。

「ベルごときにな~にをちょこざいな…」と思われる向きもあるでしょうが、ベルの音だって、気に入らないのを使うのはいやですよね。ほら私ってロックマニアじゃないですか(知らんがな)、音にはうるさいんですよ(知らんちゅうの)。軽量なレース用ホイールでも、フリーのラチェット音が気に入らなければ誰しもあまり使いたくないでしょうし(勝てれば音なんか気にしないんじゃね?)、チェーンのオイル分がなくなってキュルキュル音を立てるのを聞きながらのライドは、まともな自転車乗り(ぷ)には耐えがたい苦痛なはず。気に入らない音で、しかも操作性が悪いベルなんかだったら、すぐさまほっぽり投げて口で「ちりんちりん」とベルの音真似をするほうを選ぶサイクリストも多いはず(おいおい)。

ま、そんなわけでして、いろいろ買ってはみてますが、ロードやMTBでも支障なく取り付けられて音がよく、操作性もよいベルというのは意外とあまりないんですな。スポーツサイクル用のベルで、ベル本体をヒットする部品(これ、なんていうんですかね?)をはじく力の強さによって鳴ったり鳴らなかったりするのがあります。控えめに鳴らそうとするとまったく鳴らなかったりするわけですが、これはストレスが溜まるし、確実性の点でも劣るのでダメですね。

そんなわけで今日購入したのが上の画像のベル。ベル本体はシックなチタンカラー(チタン製じゃありませんよw)で、パッケージの「音色がやさしくミニベロにマッチするサイズ」のコピーがなんともサイクリストフレンドリーじゃあーりませんか。そしてレバーは一般車用のベルと同じタイプで、グイっと押せば小気味よい音を発してくれます。取り付けも、クランプ径26ミリのドロップバーのバートップやフラットバーならピッタシカンカン! 製造元は自転車ベル界の老舗「東京ベル」ですよお客さん!これはズバリ、買いでしょう!

…「ベル一個でルンルン気分になれるなんて、貧乏人は安上がりやな(←陰の声w)」

カムバックしたルイガノ君の巻なのだ

私事ですが(まぁブログなのでだいたい私事ですが)、愛用している徒歩5分のスーパーが改装のため1月弱、休業することになりました。これは一大事です。近くにコンビニはありますが、高いし、野菜とかはほとんど置いてないですからね。なので、しばらくはちょっと離れたスーパーまで行かなければなりません。愛用のスーパーの次に近いスーパーが徒歩15分、その次は徒歩で20分くらいかかるかもしれません。
なので、急遽「スーパーお買い物用自転車」を用意することにしました。べつに、700×30Cのタイヤを履かせたビアンキ・ルポや700×28Cのバッソでも買い物には行けるんですが、夜とか、もうすこし太いタイヤのほうが安心感があるじゃないですか(←心配性)。
ということで、しまいこんでいたクロモリの重いルイガノ(サスフォークのせいですが、フレームはそれほど重くもないです)・「のうさぎ2号(梅丹カラー)」をお買い物用に引っ張り出すことにしました。ついでに、ちょっとお散歩してみました。いつもはあまり通らないようなところをね。

P1020211
緑の季節ですね。爽快な天気です。

P1020209
一見おいしそうですが、鳥さんも食べていないようなので、実は??

P1020217
日当たりのよい斜面ではムラサキツメクサが猛威をふるっています(笑)。

P1020218
田んぼに落ちないように気を付けて走行します。

P1020226
あたり一面がこの有り様です(笑)。荒川左岸のこの辺は、以前はサイクリングロード(歩行者自転車道の通称。自転車専用道ではない)が通っていたのですが、堤防のかさ上げ工事に伴ってもっと川のほうに移動されました。なので今は野生の王国(そんなテレビ番組がありましたね)になっています。

P1020228
以前この辺りの土手では牛さんがのんびり草を食んでいましたが、今は牛舎はもぬけの殻です。牛さんたちは牛丼になってしまったのでしょうか。おだやかな日々も長くは続かなかったのかな(悲

P1020230
きれいですね。お空では雲雀さんがにぎやかにさえずっています。

P1020235
花弁は複雑な形をしていますね。でも、なんという花なのか、とか調べたりはしません。大事なのは「きれい」と感じる心です。原産はどことか関係ないです。不遜な性格でしょうかね?

P1020236
クルマもいないし、静かで最高です。こんな道だけを走りたいですね。

P1020229
カモさんもまったりと水面を泳いでいます。以前「カモさんは冷たい水の中で脚がつらくないのか」といらぬ心配をしましたが、水鳥の脚は体とは違う熱交換系を持っていて、それゆえ平気らしいですね。
今はカモさんにとっては、足湯をつかっている気分でしょうか。(想像)

さてそんなこんなでダートもふくめ5時間ほど走りましたが、やっぱり車重があるぶん、登りなどではロード系の自転車に比べて負担を感じますね。まぁ市場にはカーボンを使った10kg台のMTBもありますが、私にとってはモンブランに咲く高山植物のような高嶺の花です(笑)。それに転倒してカーボンがポッキリ逝っちゃったりしたら、こちらまでショックで心臓麻痺になりかねませんし。まぁ私はこの重いスチールのMTBでいいです。でも欲をいえば、ショック吸収性のいいリジッドフォークにして軽量化したいところですね。サスがなくても太めのタイヤを履かせれば、岩ゴロゴロのところでも走るのでなければ充分ですよ。80~90年代に市場に出回っていた、サスなしのクロモリMTB、ああいうのでいいんですがね。

それはそれとして、ルイガノ君にはそこらにあった適当なサドルをつけて行ったので、パッド付のインナーパンツを穿いていたのに尻が痛くなりました。もっと運動強度を上げればサドルにかかる体重が減るので尻の痛みも出にくいのかもしれませんが、そうすると今度は膝とかに負担がきそうで躊躇してしまいます。膝を故障しちゃったら、尻の痛さより自転車に乗るのが大変になりますからね。ロードの選手とかは私のよりもっとペランペランのサドルを使ってますから、レースのペースが遅いときなど、選手でも尻が痛くなることがあるそうですよ。へぇ~

まぁ創造主は自分がつくったイキモノがこんなものに乗るとは想像していなかったでしょうから、こればかりは自分に合ったものを探すしかないですね。サドル問題は根が深いです(笑)。

Twitter プロフィール
↑ツイッターはここから入ってにょ!
ギャラリー
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • 太陽系調査員マリオくん、下町サイクルカフェを探すの巻
  • いいゆめをみたいなら