荒川の夜風に吹かれて

昨日(7月13日)から突然に酷暑となった。自転車通勤者にとってはとってはつらい季節ですな、御同輩。

走行中はまだしも、信号ストップともなれば、汗がドワッと噴き出してくる。こうなると、仕事場についたころには汗ダクですな。職場にロッカー等あればまだしも、そうでない御仁はこそこそとシャツを着替えるか、そのまま仕事を始めるしかない。私は後者であり、しかも仕事先はお客様のところ。汗を拭き、デオドラントスプレーをシュッとやってなにくわぬ顔で現れるしかない。

じゃあ電車にすれば?とおっしゃる方もいましょうが、満員電車に乗れば、動悸・息切れ・多汗・その他の症状にみまわれ、心身が乱れた状態で仕事に臨むハメとなる。これはよくない。

なので、可能な限り自転車(28cタイヤのクロモリロード)で移動となる。やっぱり、これでなくっちゃ。たとえ汗ダクになろうと、仕事に臨むときにはウォーミングアップが済んだ状態で、頭もスッキリ。

今日は昨日と比べると、風が強い分、汗の量は少なくて済んだ。ラッキー。


帰路は往路とは違い、夜風を楽しみながらまったりライド。「上中里ダウンヒル」をゆっくり下り、都電と並走し、隅田川の「獣道」を通って荒川に出れば、ライトアップされたスカイツリーと五色桜大橋を見ながら土手の上の真新しいベンチで一休み。

思い出すのは3・11後の「計画停電」。あのときはそれこそこのへんも文字通り「漆黒の闇」だった。

ゲンパツに頼ってきた、ナイフの刃の上の生活のような危うい繁栄。それはいついかなる時も忘れてはならないと思う。

それにしても、ここちよい川風に吹かれれば鼻歌も出ようというもの。

アイムサーチェンサーチェンフォーグッドリームス~ wo~wo~wo~(わかるかな~?)






 

荒川マップ

荒川マップ左
荒川マップ右
続きを読む

真夏日

001
002
005
006
続きを読む
ギャラリー
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる
  • 荒川の支流流域を自転車散歩してみる